ダブルライン・シラー・ケープ米国株式プラス<為替ヘッジなし>
投資信託協会コード:47312174
商品分類:追加型投信/内外/資産複合
日本経済新聞掲載名:ダブシラH無
  • お気に入り登録
  • 基準価額メール
基準日 2017年06月27日(火)
基準価額 10,280
基準価額前日比
(騰落率)
+60円(+0.59%)
純資産額 13.08億円
直近分配金(税引前) -
直近決算日 -

・当ファンドの募集について、委託会社は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第5条の規定により有価証券届出書を2017年3月31日に関東財務局長に提出しており、2017年4月16日にその届出の効力が生じております。

ファンドの特色

(1)主として、シラー・バークレイズ・ケープ米国セクター指数を活用した米国株式戦略およびダブルラインの債券戦略を活用して、トータル・リターン投資の結果得られる収益。の向上を目指します。
◆主として、ケイマン諸島籍外国投資信託外国の法律に基づいて設定・運用される投資信託。ダブルライン・ケイマン・ユニット・トラスト-ダブルライン・シラー・エンハンスト・ケープ・サブファンド(以下、「ダブルライン・ファンド」という場合があります。)米ドル建受益証券と日本短期公社債国債、地方債、政府機関債、一般企業の社債のこと総称して「公社債」という。マザーファンドファミリーファンド方式で、ベビーファンドが取得する投資信託。受益証券を投資対象とするファンド・オブ・ファンズ投資信託および投資法人への投資を目的とするファンドのこと。の形式で運用を行います。
◆ダブルライン・ファンドでは、トータル・リターン投資の結果得られる収益。スワップデリバティブ(金融派生商品)取引の一種で、あらかじめ決めた条件に従って保有するキャッシュフローを交換すること。を活用することでロバート・シラー氏の理論を基に開発されたシラー・バークレイズ・ケープ米国セクター指数に概ね連動する投資成果の獲得を図る一方、米ドル建ての債券をはじめグローバルの様々な債券への投資から得られる投資成果の確保を目指します。
◆各投資信託証券への投資割合は、資金動向や市況動向等を勘案して決定するものとし、ダブルライン・ファンドの組入比率は、原則として高位とすることを基本とします。
(2)為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。の有無により、「為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。あり」と「為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。なし」の2つのファンドがあります。
為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。あり>
原則として対円での為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。を行い、為替リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。の低減を図ります。ただし、為替リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。を完全に排除できるものではありません。
為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。なし>
原則として為替ヘッジ外貨建て資産を保有する場合に、為替変動によるリスクを回避・軽減することを目的として行う取引。を行いません。このため、基準価額は為替変動の影響を受けます。


【分配方針】
原則として、年1回(毎年4月25日。休業日の場合は翌営業日。)の決算時に、収益の分配を行います。

◆分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みます。)等の全額とします。
◆分配金額は、委託会社投資信託の設定や運用の指図などを行う、投資信託の実質的な運用を担う者で、「委託者」とも呼ばれる。が基準価額水準、市況動向等を勘案して、決定します。ただし、分配対象額が少額の場合は分配を行わない場合があります。
◆留保益の運用については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいて運用を行います。
※運用状況により分配金額は変動します。

ファンドのリスク

当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて値動きのある有価証券株式や債券、投資信託などのこと。等(外貨建資産米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨で表示される資産。には為替変動リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。もあります。)に投資しますので、ファンドの基準価額は変動します。これらの運用による損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

また、投資信託は預貯金と異なります。

※基準価額の変動要因(投資リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。)は、上記に限定されるものではありません。詳細は、投資信託説明書(交付目論見書)にてご確認ください。

ファンド情報

基準日 2017年06月27日(火)
基準価額 10,280円
購入価額(販売基準価額) 10,280円
換金価額 10,280円
設定日 2017年04月28日
信託期限 2027年04月26日
決算日 4/25
受託銀行 みずほ信託銀行

チャート

基準価額(円)
純資産額(億円)
基準価額 分配金再投資基準価額
純資産額 決算日
  • ※販売会社やファンドにより、購入・換金の際に別途手数料が必要となります。
  • ※分配金再投資基準価額は、設定来の税引前分配金を再投資したものとして算出した収益率に基づいて計
    算したものです。
  • ※分配金込み基準価額は、設定来の税引前分配金を単純に加算したものです。
  • ※基準価額グラフは2000年1月以降のデータを元に作成しております。

騰落率

基準日:2017年06月27日(火)

期間 騰落率
1ヵ月 +1.37%
3ヵ月 -
6ヵ月 -
1年 -
3年 -
設定来 +2.80%

決算・分配金情報

決算日 分配金(税引前)
- -
- -
- -
- -
- -
- -
  • ※基準価額の騰落率は、税引前の分配金を単純に合算して計算したものを表示しています。
  • ※設定来の騰落率は、設定時の基準価額を10,000円として計算したものを表示しています。
このファンドを閲覧した方は、以下のファンドも閲覧しています。
ダブルライン・シラー・ケープ米国株式プラス<為替ヘッジあり> ダブルライン・シラー・ケープ米国株式プラス<為替ヘッジあり> 新光シラー・ケープ米欧株式戦略ファンド(リスク・コントロール付)為替ヘッジなしコース 新光シラー・ケープ米欧株式戦略ファンド(リスク・コントロール付)為替ヘッジなしコース 新光シラー・グローバルREITファンド(ファンドラップ) 新光シラー・グローバルREITファンド(ファンドラップ)
  • ※本情報は当ウェブサイトのアクセス状況の統計により算出したものです。投資にかかるご決定は、お客さまご自身の判断で行うようお願いいたします。
ページトップへ
  • 上記のグラフ・図表・数値は過去の実績・状況を示したものであり、将来の動向や当ファンド運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 基準価額・分配金再投資基準価額・分配金込み基準価額は信託報酬控除後の価額です。当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。
  • 分配金は、当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たり、それ以外のファンドについては1口当たりの、税引前の金額を表示しています。
  • 運用状況により分配金額は変動します。また、分配対象額が少額の場合には、分配を行わないことがあります。したがって、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。
  • 購入のお申込みの際は、販売会社から投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、必ずお受け取りになり、詳細をよくお読みいただき、投資に関してはご自身でご判断ください。また、あらかじめ交付される契約締結前交付書面など(目論見書補完書面を含む)の内容をよくお読みください。

PAGETOP