新光MRF(マネー・リザーブ・ファンド)
投資信託協会コード:47812986
商品分類:追加型投信/国内/債券/MRF
日本経済新聞掲載名:-
  • お気に入り登録
基準日 2017年03月22日(水)
基準価額 10,000
基準価額前日比
(騰落率)
0円(0.00%)
純資産額 7,237.53億円
1週間の平均年換算利回り
(課税前)
期間:2017/03/16~2017/03/22
0.0000%

ファンドの特色

(1)国内外の公社債国債、地方債、政府機関債、一般企業の社債のこと総称して「公社債」という。およびコマーシャル・ペーパーを主要投資対象とし、安定した収益の確保を目指して安定運用を行います。
(2)原則として、販売会社の営業日に購入・換金が可能です。
(3)毎日決算を行い、原則として、投資信託財産から生じる利益の全額を分配します。

ファンドのリスク

当ファンドは、値動きのある有価証券株式や債券、投資信託などのこと。などに投資しますので、基準価額は変動します。これらの運用による損益は、すべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。なお、投資信託は預貯金とは異なります。

※基準価額の変動要因(投資リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。)は、上記に限定されるものではありません。詳細は、投資信託説明書(交付目論見書)にてご確認ください。

ファンド情報

基準日 2017年03月22日(水)
基準価額 10,000円
購入価額(販売基準価額) 10,000円
換金価額 10,000円
設定日 1998年06月01日
信託期限 無期限
決算日 毎日
受託銀行 三井住友信託銀行

チャート

年換算利回り(%)
純資産額(億円)
年換算利回り 純資産額
  • ※販売会社やファンドにより、購入・換金の際に別途手数料が必要となります。
  • ※分配金再投資基準価額は、設定来の税引前分配金を再投資したものとして算出した収益率に基づいて計
    算したものです。
  • ※分配金込み基準価額は、設定来の税引前分配金を単純に加算したものです。
  • ※基準価額グラフは2000年1月以降のデータを元に作成しております。

騰落率

基準日:2017年03月22日(水)

期間 騰落率
1ヵ月 0.00%
3ヵ月 +0.00%
6ヵ月 +0.00%
1年 +0.00%
3年 +0.05%
設定来 +0.32%

1週間の過去平均年間算利回り

日付 利回り
2017年03月22日 0.0000%
2017年03月21日 0.0000%
2017年03月20日 0.0000%
2017年03月19日 0.0000%
2017年03月18日 0.0000%
2017年03月17日 0.0000%
  • ※基準価額の騰落率は、税引前の分配金を単純に合算して計算したものを表示しています。
  • ※設定来の騰落率は、設定時の基準価額を10,000円として計算したものを表示しています。
このファンドを閲覧した方は、以下のファンドも閲覧しています。
新光 US-REIT オープン 新光 US-REIT オープン(愛称:ゼウス) りそなJリート・アクティブ・オープン りそなJリート・アクティブ・オープン(愛称:日本のツボ) 新光J-REITオープン 新光J-REITオープン
  • ※本情報は当ウェブサイトのアクセス状況の統計により算出したものです。投資にかかるご決定は、お客さまご自身の判断で行うようお願いいたします。
ページトップへ
  • 上記のグラフ・図表・数値は過去の実績・状況を示したものであり、将来の動向や当ファンド運用状況・成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、実質的な投資成果を示すものではありません。
  • 基準価額・分配金再投資基準価額・分配金込み基準価額は信託報酬控除後の価額です。当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たりの価額を、それ以外のファンドについては1口あたりの価額を表示しています。換金時の費用・税金等は考慮しておりません。
  • 分配金は、当初元本が1口1円のファンドについては1万口当たり、それ以外のファンドについては1口当たりの、税引前の金額を表示しています。
  • 運用状況により分配金額は変動します。また、分配対象額が少額の場合には、分配を行わないことがあります。したがって、将来の分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。
  • 購入のお申込みの際は、販売会社から投資信託説明書(交付目論見書)をあらかじめまたは同時にお渡ししますので、必ずお受け取りになり、詳細をよくお読みいただき、投資に関してはご自身でご判断ください。また、あらかじめ交付される契約締結前交付書面など(目論見書補完書面を含む)の内容をよくお読みください。

PAGETOP