ホーム > 投資信託を学ぶ > 用語集/あ行

用語集

アクティブ運用

投資信託の運用方法の1つで、ベンチマーク投資信託を運用する際に基準となる指標。を上回る運用成果(リターン投資の結果得られる収益。)を目指します。ファンドマネージャーが積極的・戦略的に投資対象、組入比率、売買のタイミング等の投資判断を行い運用します。

アセットアロケーション

投資対象とする資産に適切に配分することをいいます。投資信託では、株式や債券、外貨、現金などさまざまな金融資産に投資しますが、各投資信託の運用方針を基に投資対象を調査・分析し、具体的な資産配分比率を決めます。

委託会社

投資信託の設定や運用の指図などを行う、投資信託の実質的な運用を担う者で、「委託者」とも呼ばれます。投資信託を新たに設定するにあたり、受託会社信託財産を保管・管理する者のことで、信託銀行または信託業務を営むことができる銀行が担う。と信託契約を締結するとともに、その信託契約を届け出ます。また、信託財産の運用を受託会社信託財産を保管・管理する者のことで、信託銀行または信託業務を営むことができる銀行が担う。に指図し、基準価額を算出し、収益分配金の決定、運用報告書原則として、投資信託の決算日ごとに作成され、当期の運用の経過、決算日の信託財産の内容などがまとめられている。や目論見書の作成などを行います。

インカムゲイン

債券の利息や株式の配当など、資産の保有により得られる収益のことをいいます。株式や債券の売買益などは「キャピタルゲイン株式等有価証券の値上がりによる収益のこと。」といいます。

インデックス

日経平均株価東京証券取引所第一部に上場されている銘柄のうち各業種を代表する225社の平均株価。TOPIX東京証券取引所第一部に上場している株式の時価総額加重平均株価指数で、東証株価指数ともいう。(東証株価指数)などのように、株式や債券などの市場全体の値動きを表す指標のことをいいます。投資信託においてはベンチマーク投資信託を運用する際に基準となる指標。として用いられることも多くあります。

インデックス運用

投資信託の運用方法の1つで、特定のインデックスに連動する投資成果を目指して運用する方法をいいます。「パッシブ運用」ともいわれます。

インフレ

インフレーション(Inflation)の略で、物価が継続して上昇する状態を指します。物価の上昇は貨幣価値の下落を意味しており、通貨安の一因ともなります。

イールドカーブ

残存期間が異なる複数の債券などの利回りをグラフにしたものをいいます。横軸に残存期間、縦軸に利回りをとります。一般に、残存期間が長いほど利回りは高くなるため、イールドカーブは右上がりの曲線になります。

運用管理費用(信託報酬)

投資信託の運用に関して、委託会社投資信託の設定や運用の指図などを行う、投資信託の実質的な運用を担う者で、「委託者」とも呼ばれる。受託会社信託財産を保管・管理する者のことで、信託銀行または信託業務を営むことができる銀行が担う。・販売会社のそれぞれの役割に応じて支払われる費用のことです。投資信託ごとに信託報酬率が決められており、日々信託財産から差し引かれています。

運用報告書

原則として、投資信託の決算日ごとに作成され、当期の運用の経過、決算日の信託財産の内容などがまとめられており、販売会社を通じて受益者投資信託の受益権を保有している人。に交付されます。なお、短期間で決算を行う投資信託(計算期間が6ヵ月未満の投資信託)は、6ヵ月に1度作成されます。また、投資信託の償還時にも運用報告書は作成されます。

エマージング

新興国経済が急速に発展を遂げている国。および地域のことを指します。新興国経済が急速に発展を遂げている国。は先進国に比べ、経済発展途上にあることから、大きな経済成長が期待できますが、政治情勢や経済状況などが不安定なリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。もあります。

オプション

株式や債券などの特定の資産をあらかじめ定められた価格で売買することができる権利で、買う権利を「コール・オプション」、売る権利を「プット・オプション」といいます。オプションの買い手は権利を行使すれば実際に株式や債券などの特定資産を取得することができます。売り手は買い手が権利行使をした場合にそれに応じなければなりません。

オルタナティブ運用

株式や債券などの伝統的資産とは異なる資産(不動産や金、石油など)に投資したり、値上がり益や配当収益などを期待する投資手法とは異なる投資戦略(空売り、先物、オプション株式や債券などの特定の資産をあらかじめ定められた価格で売買することができる権利。スワップデリバティブ(金融派生商品)取引の一種で、あらかじめ決めた条件に従って保有するキャッシュフローを交換すること。などの金融派生商品の活用など)による運用の総称を指します。

ページトップへ

PAGETOP