ホーム > 投資信託を学ぶ > 用語集/ま行

用語集

ミリオン

給与天引きで投資信託を積み立てで購入する方法をいいますが、財形住宅貯蓄、財形年金のような税制優遇はありません。一般の投資信託が1万円から購入できるのに対して、ミリオンでは数千円から積み立てが可能となっています。毎月一定額を積み立てることで、ドル・コスト平均法による投資が可能となります。

目標払出し型

一般的な投資信託では投資収益(インカムゲイン債券の利息や株式の配当など資産の保有により得られる収益のこと。キャピタルゲイン株式等有価証券の値上がりによる収益のこと。)に応じて、決算ごとに委託会社投資信託の設定や運用の指図などを行う、投資信託の実質的な運用を担う者で、「委託者」とも呼ばれる。が分配金の額を決めますが、目標払出し型では投資収益にかかわらず、あらかじめ決められた仕組みにより分配金の目標額を設定し、定期的に収益分配が行われます。目標額は定期的に見直されます。

ページトップへ

PAGETOP