ホーム > 投資信託を学ぶ > 投資信託のコツを知ろう!

投資のコツを知ろう!

投資信託は、損失を被る可能性がありますが、その可能性を低くする方法もあります。
主な投資信託のリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。と、投資のコツをみてみましょう!


投資におけるリスクとリターン
リスクってなに? リスクとリターンの関係
リスクってなに?

投資信託は、株価や債券価格の影響を受けて毎営業日変動するぞ。 投資を行うことで得られる収益をリターン投資の結果得られる収益。といいます。
一般にリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。というと「危険」あるいは「危険性」という意味ですが、投資におけるリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。とは「結果が不確実なこと」を意味し、リターン投資の結果得られる収益。(収益)の振れ幅のことを指します。
たとえば、投資しようと思っていた株式が値下がりすることもリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。ですが、どれくらい値上がりするかが分からないこともリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。なのです。

リスクとリターンの関係
ローリスク・ローリターン、ハイリスク・ハイリターン

(イメージ図)


投資信託の主なリスク

投資信託のリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。は、基準価額を変動させる要因によっていくつかあります。
主なリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。としては次のようなものがあります。

 価格変動リスク 信用リスク(デフォルトリスク) 為替変動リスク カントリーリスク
価格変動リスク

投資信託は、株式や債券などに投資をするため、株価や債券価格などの変動によって、基準価額も変動します。これを「価格変動リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。」といいます。

信用リスク(デフォルトリスク)

株式や債券などを発行している企業などが倒産した場合、株価や債券価格が大幅に下がるか、場合によってはゼロになる可能性があります。これにより、基準価額が変動することを「信用リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。(デフォルトリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。)」といいます。

為替変動リスク

海外の株式や債券などに投資する場合、為替相場の変動により円換算価格が変動します。一般に、ファンドで保有している外貨建資産米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨で表示される資産。が現地通貨ベースで値上がりした場合でも、投資先の通貨に対して円高となった場合には、ファンドで保有している外貨建資産米ドルや豪ドル、ユーロなどの外貨で表示される資産。の円換算価格が下落し、ファンドの基準価額が下落する可能性があります。このように、為替レートの変動により投資信託の基準価額が変動することを「為替変動リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。」といいます。

為替ヘッジとは
カントリーリスク

海外の株式や債券などに投資する場合、株価や債券価格などはその国の政治・経済情勢などの影響を受けます。もしその国の政治情勢が不安定になったときや、急激に経済が悪化したときには、株価や債券価格は大幅に値下がりするか、最悪の場合ゼロになります。こうしたことにより投資信託の基準価額が変動することを「カントリーリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。」といいます。

投資信託のリスクは1つではない。商品ごとにリスクも異なるから注意が必要じゃ。

前に戻る次に進む

2014年3月現在

ページトップへ

PAGETOP