ホーム > 投資信託を学ぶ > 投資信託のコツを知ろう!

投資のコツを知ろう!

投資信託は、損失を被る可能性がありますが、その可能性を低くする方法もあります。
主な投資信託のリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。と、投資のコツをみてみましょう!


投資を始めるにあたって

投資を始めるにあたって、まずはご自身の資産額と投資できる金額、そしてご自身がどれくらいリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。をとれるかを把握することが大切です。

資産額を把握する リスク許容度
資産額を把握する

ご自身の資産額は把握されていますか?
たとえば、資産総額が100万円の方と、500万円の方では投資できる金額も異なります。そのため、まずは、ご自身の資産額を把握することが大切です。
次に、把握した資産を使い道に応じて分けてみましょう。
このうち、投資資金として適しているのは、特に使い道の決まっていないお金です。当面使う予定のないお金であれば、長期投資も可能ですし、万一損失となってもご自身の資金計画に大きな影響を及ぼすことはないからです。使う予定のないお金がない場合には、毎月の給与などから積み立てをすることから始めることをお勧めします。

資産額の把握

(イメージ図)

リスク許容度

投資にはリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。が伴います。リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。を低減するコツはご紹介しましたが、ゼロにすることはできません。また、お客さま1人1人がどれくらいリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。を許容できるかはお客さまによって異なります。これを「リスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。許容度」といいます。
一般に、保有期間が長いほど、また余裕資産が多いほどリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。許容度は高いといわれています。

リスク許容度

(イメージ図)

リスク許容度にあった商品を選ぶことが大切じゃ。 あわせて、ご自身の資産全体のリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。も考えることが大切です。資産を色分けした時に、それぞれの資産の性格に適した金融商品を選択することがポイントです。「増やしたい!」と思うとどうしてもリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。の高い金融商品に投資をしてしまいがちですが、そうならないように、資産全体のバランスを考えることが大切です。


資産の見直し

また、投資した後も、定期的に資産を見直すことも重要です。見直しをしたなら、今の投資内容を継続するのか、異なる金融資産で保有するのかなどを考えましょう。

資産見直しの必要性

定期的に投資内容を見直して、適切なリスクになるようにすることが大切じゃ。 投資をした後には、定期的に投資内容を把握することが大切です。
たとえば、購入したファンドが値上がりし、保有資産に占めるそのファンドの割合が大きく上昇した時は、過度のリスク投資におけるリスクとは「将来の収益の不確実性」を指す。をとった運用をしている場合があります。その際は、お客さまに適した資産配分に戻さなければなりません。
資産を見直し、適切な配分にすることを「リバランス」といいます。

前に戻る次に進む

2014年3月現在

ページトップへ

PAGETOP