NISAの注意点

課税口座(特定口座や一般口座)で保有している公募株式投資信託信託約款で株式に投資することができるとしている投資信託。や上場株式などを、NISA小額投資非課税制度の愛称。口座に移管することはできません。

NISA小額投資非課税制度の愛称。で投資をはじめる際には、投資したい資産をNISA小額投資非課税制度の愛称。口座で新たに買い付ける必要があります。

収益分配金の再投資やスイッチング保有している投資信託の換金申し込みと同時に、異なる投資信託の購入申し込みをすること。は、新規購入の場合と同様に非課税投資枠を利用します。

そのため、その年の非課税投資枠を使い切っている場合、NISA小額投資非課税制度の愛称。口座内での収益分配金の再投資やスイッチング保有している投資信託の換金申し込みと同時に、異なる投資信託の購入申し込みをすること。はできません。

NISA小額投資非課税制度の愛称。口座で損失が発生した場合、課税口座(特定口座や一般口座)で生じた配当・譲渡益と損益通算を行うことはできません。NISA小額投資非課税制度の愛称。口座で発生した損失の繰越控除を行うこともできません。

つまり、NISA小額投資非課税制度の愛称。口座で損失が発生すると、お客さまの資産運用状況によっては、課税口座で損失が発生した場合にくらべ課税上不利になる可能性があります。

元本払戻金(特別分配金)収益分配金のうち、非課税扱いとなるもの。は、課税口座(特定口座や一般口座)においても非課税です。

そのため、NISA小額投資非課税制度の愛称。口座内で元本払戻金(特別分配金)収益分配金のうち、非課税扱いとなるもの。を受け取った場合、非課税メリットを享受したことにはなりません。

2014年9月現在

ページトップへ

PAGETOP