ホーム > 投資信託を学ぶ > 投資信託にかかる税金を知ろう!

投資信託にかかる税金を知ろう!

投資信託の収益分配金や解約した場合の利益などには税金がかかります。
投資信託に関する税金の概要についてみてみましょう!
※ここでは個人投資家の国内の公募投資信託にかかる税金について解説しています。法人投資家、私募投資信託および外国投資信託外国の法律に基づいて設定・運用される投資信託。については課税方法等が異なります。


換金差益に対する税金(2014年3月時点)

公募株式投資信託信託約款で株式に投資することができるとしている投資信託。の換金差益は譲渡所得に区分され、申告分離課税により課税されます。公募公社債国債、地方債、政府機関債、一般企業の社債のこと総称して「公社債」という。投資信託の解約差益は利子所得に区分され、源泉分離課税により課税されます。公募公社債国債、地方債、政府機関債、一般企業の社債のこと総称して「公社債」という。投資信託の買取差益は非課税ですが、一般的に手取り額は解約請求で換金した場合と同じです。

投資信託の換金方法 公募株式投資信託の換金差益に対する課税 公募公社債投資信託の換金差益に対する課税
投資信託の換金方法

投資信託の換金方法には、「解約請求」と「買取請求」があります。
解約請求とは、購入した投資信託を解約することです。
買取請求とは、お客さまが保有している投資信託を販売会社に買い取ってもらう方法です。

公募株式投資信託の換金差益に対する課税

公募株式投資信託信託約款で株式に投資することができるとしている投資信託。を換金した場合、解約請求・買取請求のいずれであっても換金差益は譲渡所得に区分され、20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)の税率による申告分離課税となり、原則として確定申告が必要です。

公募株式投資信託の換金差益は原則として確定申告が必要じゃ。 譲渡損失が発生した場合には、翌年以降3年間の株式等の譲渡益などと相殺することができる「譲渡損失の繰越控除」の適用を受けることができます。ただし、その年に納付すべき所得税額などがなくとも適用を受ける間は連続して確定申告をしなければなりません。

公募公社債投資信託の換金差益に対する課税

公募公社債国債、地方債、政府機関債、一般企業の社債のこと総称して「公社債」という。投資信託を解約請求により換金した場合の差益は、収益分配金と同様に、20.315%(所得税および復興特別所得税15.315%、住民税5%)の源泉分離課税となります。

公募公社債投資信託の解約差益は預金の利子と同じく源泉分離課税じゃ。 買取請求により換金した場合の差益は非課税ですが、一般的に解約請求で換金した場合の税相当額が差し引かれるため、実際の手取り額は解約請求で換金した場合と同じとなります。



前に戻る

2014年3月現在

ページトップへ

PAGETOP