ホーム > 市場情報を調べる > マーケットレポート > マーケットレポート詳細

マーケットレポート

J-REIT市場とアジア・オセアニアREIT市場の現状・今後の見通し

◆2016年4~7月の動向

 J-REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場およびアジア・オセアニアREIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場は、4月にはシンガポール、5月には豪州で金融緩和が実施されたことが支援材料となったものの、一時的に米国の利上げ観測が高まったことや英国における国民投票を控え様子見姿勢が強まったことなどを背景に、6月中旬にかけてもみ合う展開となりました。その後6月下旬に英国の国民投票でEU離脱支持が過半数を占めたことから世界経済の先行き不透明感が高まり、一時的に各国REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場は下落しました。特に、J-REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場は、一時1米ドル=100円割れまで急速に円高が進んだことも嫌気され、大きな調整を余儀なくされました。

 しかし、日本銀行による追加金融緩和期待が高まったことや、米国利上げ観測が後退したことなどから、各国REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場は上昇する展開となりました。各国REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。の良好な決算が改めて評価されたことに加え、不動産賃貸事業を収益の源泉とする業績安定性や高水準の配当利回り株価に対する配当金の割合。に注目が集まったことなどが市場の上昇要因になったと考えられます。

 

アジア・オセアニア主要国におけるREIT指数の推移

 

◆今後の見通し

 昨年来、中国政府は安定した経済成長への構造転換を目指す難しい舵取りを余儀なくされています。しかし、世界の金融市場が混乱した昨年8月から概ね1年が経過したこともあり、中国経済指標や人民元の動向に対する市場の反応は徐々にこなれてきたように思われます。英国のEU離脱に関しては、少なくとも通告後2年間を要するとみられ、今後も英国とEUの動向を注視する必要がありそうです。また、米国における金融政策や大統領選挙の動向などに一喜一憂する局面も想定されます。
 しかしながら、賃料の上昇や資金調達コストの削減などを背景に各国REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。の業績は概ね好調であり、良好な決算を確認するにつれて、J-REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場およびアジア・オセアニアREIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場は、徐々に上値を切り上げる展開を見込んでいます。6月に発表された香港の時価総額上場株式をある時点の株価で評価した場合、どのくらいの金額になるかを表したもの。最大銘柄であるLINK REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。の2016年3月通期決算を例に挙げると、積極的な物件取得や増改築投資による賃料上昇などから前年比12.8%の増配を達成し、上場来続く2桁増配を維持したことが評価され、株価は上昇しました。

 

アジア・オセアニア主要国REIT市場の見通し

 

 各国の不動産市況を取り巻くファンダメンタルズ一国の経済状態を判断するための基礎的条件、または、企業の価値を評価する基礎的な財務データのこと。も概ね良好であるといえます。オーストラリアにおいては小売売上が好調なうえ、日本同様にインバウンド需要が拡大しており、都市型商業施設などはその恩恵を受けています。シンガポール、香港といったアジア諸国においてもインバウンド需要は復調の兆しをみせています。

 英国の国民投票の結果を受けて米国の利上げ観測が大きく後退したことに加え、日本およびアジア・オセアニア諸国は金融緩和や公共投資などの景気刺激策を打ち出すことが見込まれ、市場の支援材料になるとみられます。日本とオーストラリアでは選挙が行われ、市場の関心は法人税減税や公共投資など雇用・成長促進策の実施に向かっています。

 各国で市場活性化の動きがみられていることもポジティブな材料であるといえます。日本では野村不動産マスターファンド投資法人とトップリート投資法人の合併が発表されました。シンガポールでは5月、6月、7月とREIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。の新規上場が続いており、特に大型上場となった6月のFRASERS LOGISTICS & INDUSTRIAL TRUSTは投資家の人気を集め、市場活性化の好例となりました。オーストラリアでも、豪州全土のガソリンスタンドを投資対象としたVIVA ENERGY REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。の上場が予定されています。

 このような好材料が積み重なることによって、各国REIT商業ビルやショッピングセンターなどの不動産に投資をし、そこから得られる賃貸料収入や物件の売買益などを主な収益とする投資信託。市場に対する評価が今後高まることを想定しています。

 

アジア・オセアニア主要国におけるREITの配当利回りと10年国債利回りの比較

 

 

「投資信託へのご投資に際しての留意事項」はこちらをご覧ください。

当ページは新光投信が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類あるいは販売用資料のいずれでもありません。当ページは証券投資の参考となる情報の提供を目的とし、投資の勧誘を目的としたものではありません。当ページは信頼できると考えられるデータなどに基づき作成していますが、その内容の正確性・完全性を保証するものではありません。当ページは事前の通知なしに内容を変更することがあります。特定ファンドの購入のお申し込みの際は、販売会社から投資信託説明書(交付目論見書)および契約締結前交付書面など(目論見書補完書面を含む)をあらかじめお受け取りのうえ、詳細をよくお読みいただき、投資に関する最終決定は、ご自身の判断でなさるようお願いします。

 

ページトップへ

PAGETOP